1. トップページ
  2. 売りたい

買い替えをご検討の方

不動産の買い替えは、売却と購入のタイミングや資金計画など、売却のみ・購入のみの取引と比較して特に注意が必要です。
東日本住宅ではスムーズに物件の売却・購入が行えるよう、親身にサポート致します。
売却物件に残債がある場合の手続きなど、豊富な経験を基に適切なアドバイスをさせていただきます。

よくご相談いただく買い替えのパターン2例

パターン1

家族が増えて手狭になった。 子供の通う学校を変えずに間取りの大きい家に住み替えたい!

パターン2

子供も独立して二人暮らしなのに、今の家は大きすぎる。
駅の近くの利便性が高いマンションへ住み替えたい!

上記のパターン以外でも親身に買い替えについてご対応させていただきます。 是非お気軽にご相談下さい。

売ってから買うのか、買ってから売るのかを考えましょう

お住まいの買い替えをご検討される際に、まず初めに考えなければいけないのが、「売ってから買う」のか、「買ってから売る」のか、という点です。
それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

売ってから買う

メリット
  • 購入資金が確定するので、資金計画が立てやすい
  • 余裕をもって売却できる
デメリット
  • 売却が決まると引き渡し日までに新しい物件の購入が必要となる。
  • 購入に時間が掛かると仮住まいの必要が出てくる。

買ってから売る

メリット
  • 資金に余裕があれば、ご希望の条件に合わせてじっくり物件探しができる。
  • 仮住まいなど余計なコストが不要。
デメリット
  • 売却までに時間が掛かると、二重ローンが発生する可能性。
  • 資金的に余裕がないと、売却をあせって価格交渉等で不利になりやすい。

買い替え資金計画を立てましょう

今の住宅ローン残債状況を正しく把握した上で、予め買い替えに向けた資金計画をきっちりと立てていきましょう。ご自宅の売却価格査定や住宅ローン借入額まで、東日本住宅にお任せ下さい。

ローンの残債が多い場合

売却金額が住宅ローン残債を下回りそうな場合、資金的には余裕がありません。
ローンがどれ位組めるのか? 自己資金はどの程度用意できるか? 正確に計算し、その範囲内で購入物件を探します。

ローンの残債が少ない場合

ローンの残債が少ない場合には売却金額のほとんどを購入物件に充てることができますが、購入物件の価格によっては新たにローンを組む必要があります。


まずはお気軽にご相談ください

創業45年のノウハウを活かし、安心してお住み替えいただけるよう全力でサポートします!

買い替え相談フォーム


お近くの店舗を探すmap

首都圏36店舗の広域ネットワークで、様々な住まいのニーズにお応えいたします!

公団・マンションライブラリ 東日本住宅ローン オープンハウス リフォーム・イノベーション特集 自社開発プロジェクト 高利回り投資物件 モバフ新宿アイランド 最大40%OFF!! レンタルオフィス割引キャンペーン

URLをケータイに送信