住宅ローンを組む際、金利の選択で悩まれると思います。

金利は大きく大別すると、【長期固定金利】と【変動金利】に分かれます。

 

一般的には借入をする場合、不景気時(低金利)には長期型、好景気時(高金利)には短期型といわれております。

前提となるのは、景気には波があり10年周期で好景気・不景気が入れ替わるといわれており、それに当てはめると上記の一般認識になると思います。

ただ、現代では10年周期の景気の波というのは、3年〜5年の周期になってきており、今までの一般論も当てはまらなくなってきていると思います。

 

話を戻します。

【長期固定金利】と【変動金利】ですが、簡単に言えば

35年(借入期間)で安心して返済をしていくなら【長期固定金利】

繰り上げ返済をして期間短縮をして返済するなら【変動金利】

が良いのではないかと思います。

 

金利についてはどちらが得ということはありません。それぞれにメリット・デメリットが存在します。ご自身の許容範囲内で有効だと思う方を選択して頂ければと思います。

 

 

永山駅目の前竹取の湯の向かいに営業所があります。

ご質問等お気軽に下さい。誠意を持ってお答え致します。

 

 

営業担当者 永山営業所 池上 光男

前のページに戻る

ご相談フォーム 〜 売りたい

売却相談フォーム


お近くの店舗を探すmap

首都圏36店舗の広域ネットワークで、様々な住まいのニーズにお応えいたします!

公団・マンションライブラリ 東日本住宅ローン オープンハウス リフォーム・イノベーション特集 自社開発プロジェクト 高利回り投資物件 モバフ新宿アイランド 最大40%OFF!! レンタルオフィス割引キャンペーン

URLをケータイに送信